合気道の基本動作ってどういうのがあるの?稽古するときのポイントは?

合気道にはいくつかの特徴的な基本動作があります。合気道の技に入る前に基本動作をしっかりと身に付けましょう。早速技をかけたいと思いますが、なんでも基礎が大事です。基本動作を見ていきましょう。

 

技をかけられた時には受け身

合気道には技をかける「取り(とり)」と技をかけられる「受け(うけ)」というのがありました。この受けがとる動作が受け身です。基本的には前に転がる前回り受け身と、後ろに倒れる後ろ受け身があります。受け身は稽古でのケガを防ぐために、第一に覚えておいてほしい動作です。基本的には反復練習をして、いつなんどきでも受け身が取れるようにしておいてください。

前回り受け身は、片方の足を半歩前に出し、同じ方の手を丸く弧の形にして前に回ります。初心者で気を付けてほしいのは、でんぐり返しにならないように、ちゃんと体を半歩前に出すこと。これを合気道で半身(はんみ)といいますが、しっかりと半身になってないとでんぐり返しになってしまいます。もうひとつは、方から突っ込まないことです。大学で稽古しているとき、各学年に一人は受け身を失敗して鎖骨骨折している人がいました。折れるときは簡単に折れてしまうので、気を付けてください。

後ろ受け身でのポイントは、とにかく頭を打たないようにアゴを引くこと。イメージとしては、自分のおへそを見る感じでアゴを引いてください。私がまだ小さいころに先生に思いっきり投げられたことがありました。その時、耐え切れずにアゴを引ききれずに、思いっきり頭を打ったことがあります。その日以来、私はちゃんとアゴを引く大切さを、身に染みて感じました。

 

自分の立ち位置を変える転換(てんかん)

あまり聞きなれない言葉ですが、合気道ではこの転換(てんかん)がものすごく出てきます。次に説明する入り身転換(いりみてんかん)と合わせて、転換は必ず習得してください。

最も基本的な転換は、片手を持たれた状態から始めます。片足を半歩出して半身になり、180度回転して相手と同じ方向に体を向けます。転換でのポイントは、回転するときの軸足をブラさないということです。しっかりと相手の横に踏み込んで、腰を落として体を回転させます。そして、最後の態勢も大事です。半身になって、手のひらをしっかり天に向けることです。大学時代、むごい先輩が手のひらの上に思いっきり乗ってきたりしました。当時はふざけたことをしやがると思っていましたが、乗られても大丈夫なくらい手を張って広げるのが大事だと、今となっては思います。合気道が上手な人は、転換の姿がとても綺麗です。

 

相手の背後に入り込む入り身転換(いりみてんかん)

入り身転換(いりみてんかん)も合気道では頻出です。相手の背中側に入るように、体を180度回転させます。普通の転換は後ろ向きに動きますが、入り身転換は前向きに回転します。イメージとしては、相手とすれ違うような感覚です。

入り身転換で気を付けたいポイントは、無理なく無駄なくまっすぐに動くこと。最初は大きな動きになってしまうのは仕方ありませんが、稽古をしていくうちに徐々に無駄な軌道を描かずにすむようになります。日本の武道は無駄な動きを減らして、まさに“みそぎ”の稽古をしていきます。この入り身転換も無駄な動きが省いていき、最終的には最短・最小の軌道で相手の背後に入れるようになります。

 

 

まとめ

今回は基本的な動作を三つ見てみました。受け身、転換、入り身転換、いずれも合気道の基本にして、最も重要な動きです。最初はぎこちないかもしれませんが、何回も繰り返せば慣れてきます。毎回無駄を省くように、“みそぎ”の稽古をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました