ざっくりPC解説~最初に組んだ思い出のPC&まだまだ現役第3世代i-7(core-i7 3770)PC~

どうも、ICHIです。

今回は私が最初に組んだ思い出のPCと現在私が使っているPCの構成を見てみます。

はじめての自作

はじめての自作は今から10年くらい前です。

あまり詳しく構成は覚えていないので、ざっくりと。

CPUはinteのcerelon e-1500でした。これだけははっきりと覚えています。

今でも続くcerelonシリーズの初期モデルです。

これを中心にmicro-ATXのマザーボードで組みました。

合計で5万円前後で組んだと記憶しています。

今なら確実に選ばない選択ですが、当時は初めてだったこともあり、とにかく安くあげました。

パソコン

やっぱりcerelonということもあり早々に別の機を組みました

第三世代は今でも現役

Intelは毎年、新しいCPUを開発して発売しています。

2021年時点の最新は第11世代です。

かく言う私は、現在、第三世代のcore-i7を使っています。

構成

 

マザーボード

  • CPU : Intel core-i7 3770
  • マザーボード : Asrock H77M-ITX
  • メモリ : DDR3-PC1600 8GB×2
  • SSD : Samsung 860 EVO 1TB
  • PCケース : メーカー不明、mini-ITX専用ケース
  • 電源 : ケース付属品、おそらく250W
  • ドライブ : BDドライブ パナソニック UJ-240
  • 拡張スロット : グラボ ASUS GT710-SL-2GD5-BRK

家族共用のリビングPCです。

小さいながら必要十分な構成にしているつもりです。

もうFPSなんかのゲームもやらないので、これくらいで妥当かと思っています。

CPU

最近CPUをcore-i3 3570Kからcore-i7 3770へ載せ替えました。

コア数が4のままですが、同時作業に影響が出るスレッド数が4から8になりました。

マザーボード

最近安さで押している台湾メーカーのAsrockです。

ビープスピーカーを付属しておきながら、端子がないという意味不明な製品です。

mini-ITXなので、とにかく小さいです。

拡張スロットがPCI×16が一つで、しかも背の低いロープロファイルです。

古いですが、結構気に入ってます。

メモリ

ひと世代前のDDR3です。

ただ、Amazonで探すといまだに売ってたりします。

半年前くらいに、4GB×2から8GB×2へ増設しました。

もちろん、同じのを買ってデュアルチャンネルにしています。

SSD

SSDは評価が高いSamsung 860 EVOに入れ替えました。

以前は、台湾メーカーのADATAの128GBを積んでいました。

ADATAは安くて良いですが、実家のADATA製のSSDが故障したのを見て、すぐに買い換えました。

PCケース&電源

PCケースはmini-ITX専用で、電源付きです。

買ったのが古すぎてメーカー、型番不明です。

スリム型ドライブが搭載できる小型のケースです。

最近ではあまり見かけないタイプなので、重宝しています。

電源は恐らく250W程度ではないかと推測しますが、不明です。

超小型の電源ですが、ファンがうるさくて意外とPCの雑音の根源になっています。

ドライブ

ドライブは、パナソニック UJ-240のBluray/DVDドライブです。

普通の視聴には問題ありませんが、読み込み・書き込み速度が遅いです。

今は、外付けのIO-DATAのDVDドライブ(DVR-UT24EZ)を併用してます。

拡張スロット

唯一の拡張スロットには、ASUSのグラボGT710-SL-2GD5-BRKを挿しています。

最近メルカリで買いましたが、半額以下で購入できました。

PCケースが背の低いロープロファイルなので、選択肢が少ないです。

そんな中でロープロファイルでGDDR5のグラボを選びました。

デスクトップ内部
仕上がりはこんな感じです

まとめ

現在私の使っているPCを中心に見てきました。

結婚して子どもができてからは、新しいPCがなかなか組めません。

そんな中でも、ちょっとずつ改良しています。

パソコンパーツ
最新情報をチェックしよう!