中国古典説話ー呂蒙ー 士、別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし

今回は、「士、別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」という故事成語を解説します。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、私は三国志の中では一番好きな説話です。

学習

読み・意味

「士、別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」は、「し、わかれてみっか、すなわちさらにかつもくしてあいたいすべし」です。

意味は、士大夫というものは別れて三日も経てば、刮目(目を見張って)して会わなければならないほど成長しているものだ、という意味です。

出典

これは「三国志」に出てくる説話です。三国時代の呉に呂蒙(りょもう)という武将がいました。今回はこの呂蒙が主人公です。

呂蒙は呉で活躍している武将でしたが、元々家が貧しく、ろくに勉学をせずに育ちました。

そんなある日、君主の孫権(そんけん)から将軍たるもの武一辺倒ではなく、勉学にも励むべきだとアドバイスをもらいます。

孫権
勉学にも励むのじゃ

そんな呂蒙は、一念発起して猛勉強します。

月日が流れ、呉の軍師である魯粛(ろしゅく)が呂蒙を訪ねてやって来ます。

二人は色々と語り合います。

そこで、魯粛はふと疑問を抱きます。「呂蒙の奴、巷では“呉下の亜蒙(呉の蒙ちゃん)”と呼ばれているが、今日は学がある話しぶりだ」と。

魯粛つい口走ってしまいます。

魯粛
呉下の亜蒙にあらず

それに対して呂蒙は言い放ちます。

呂蒙
士、別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし

こんな経緯で、この言葉は発せられました。

努力の大切さを説いた、いい言葉だと私は思っています。

雑記

私は高校時代にこの言葉に出会い、座右の銘にしていました。努力すれば報われるし、継続して努力しなければと思わされました。

ところで、先日読んだ芸人厚切りジェイソン氏の本に、同じように努力することの大切さを示す話がありました。

彼は一日1%でいいから努力を続けようと言っていました。

これを数値化すると日々1.01%ずつ向上していくと考えて、1.01の365乗。計算すると37.8になり、約38倍の能力になると。

逆に1%ずつ後退していくと0.99の365乗として、0.03になると。

日々やることは小さくても、複利の考えを用いると一年後には大化けしているということです。

厚切りジェイソンは変な外国人だと思っていましたが、案外、侮れない存在でした。

まとめ

ここに出てきた「呉下の亜蒙」も一つの故事成語として、昔のままで進歩しない人物という意味があります。変わらないことはリスクだという人もいるくらいです。日々努力して、着実に成長していきたいひとにはぴったりな言葉だと思います。

中国古典処
最新情報をチェックしよう!