自作PCのおすすめ構成を考える~core i-3(10100)で低価格機を組む~

どうも、ICHIです。

PCの自作はパーツの構成を考えるのが大変ですよね。

基本的なパーツの選び方はこちらの記事→パーツ選びのポイントテーマを決めて、私の独断と偏見で構成例を考えました。

今日は、core i-3を中心に価格を抑えた自作PCを妄想したいと思います。

・core i-3で全体の価格を下げる。
・グラボ、ドライブを非搭載にして、性能を限定する。

それでは、早速、妄想してみましょう。

いざ、妄想開始!

構成

マザーボード

合計 : 62,276円
※参考価格は記事執筆時点のものであり、時期によっては価格が変動している可能性があることをご考慮ください。

CPU
Core i3 10100 BOX/参考価格13,980円

今回は低価格PCをめざすので、一番影響が大きいCPUのランクを下げます。

ただし、性能もある程度、確保しておきたいのでIntelのcoreシリーズのi-3を選びました。

CPUは性能を数値化したCPUスコアがあり(このページ参照)、celeronの倍はパワーがあります。

WEBブラウジングや軽作業であれば、このぐらいで十分でしょう。

対応するメモリがDDR4 2666までしか対応していないので、メモリを選ぶ際には気を付けましょう。

グラボは搭載しないつもりなので、グラフィック機能内蔵のこのモデルにしました。
◆構成一覧に戻る

マザーボード
GIGABYTE B560M DS3H AC/参考価格12,480円

CPUが最新ソケットのLGA1200なので、対応のマザーを選びましょう。

拡張性と大きさの間を取って、micro-ATXのプラットフォームにしました。

この価格でM.2端子が2個とWI-FI&Bluetoothモジュールが搭載されているのは大きいです。

今後はM.2のSSDが主流になると思うので、あらかじめ対応しておいた方がよいでしょう。

HDMIとDisplayPortがそれぞれ1個ずつあります。

さすが、老舗のGIGABYTEさんといった感じです。
◆構成一覧に戻る

メモリ
CFD W4U2666PS-4GC19/参考価格5,480円

CPU側の制約で、core-i3の場合はDDR4 2666MHzまでしか対応していません。

メモリはPC自作でも相性が表れやすいパーツなので、よく調べて買いましょう。

今回はメモリで比較的見かけるCFDの4GB2枚セットにしました。

あまりヘビーな用途を想定していないので、4GBのデュアルチャンネルで十分だと思います。
◆構成一覧に戻る

SSD
Westrn Digital WD BLUE 3D NAND WDS250G2B0A/参考価格5,280円

個人的には、記憶装置(HDD/SSD)にはお金をかけるべきだと思います。

PCで一番稼働していて、故障の原因になりやすい箇所だからです。

そこで、今回は老舗で信頼性の高いWDにしました。

WDはアメリカの会社で、長いことこの分野を得意としています。

SSDは数年前に比べると格段に値段が下がってきているので、今回はSSDをチョイス。

最近はデータをクラウドで保存というのが増えてきているので、250GBもあれば十分かと思います。
◆構成一覧に戻る

PCケース
Thermaltake CA-1J4-00S1WN-00/参考価格4,048円

PCケースは好みが分かれるところです。

そのままPCの見た目に直結するので、カッコいいのがいい人は高いのを買ってください。

私は特に見た目にこだわりがないので、安いケースを買っています。

でも、今回はアクリル板仕様で、少しだけ見た目にも考慮しました。
◆構成一覧に戻る

電源
Thermaltake PS-SPR-0550NHFABJ-1 /参考価格6,028円

電源を選ぶときは、ざっくり電源効率の認証(80PLUS)と電源容量を見ましょう。

今回はパーツが少ないので、そんなに電力を食いません。

ですので、80PLUS BRONZE認証の中から選びました。

電源はファンが小さかったり、適当なファンがついていると結構な騒音になります。

今回の電源ユニットは静音ファン搭載なので大丈夫です。
◆構成一覧に戻る

ドライブ
非搭載/0円

最近はDVDだのCDでのインストールやデータの受け渡しが激減している気がします。

Microsoftもwindows10をUSBで販売する時代です。

ここで1万円くらい浮かせられるので、今回は非搭載にしました。
◆構成一覧に戻る

拡張スロット
非搭載/0円

拡張スロットも今回は空けておきます。

グラフィックをCPU内臓にしているので、グラボも非搭載です。

今後の状況に合わせてパーツを追加してください。
◆構成一覧に戻る

OS
【32bit/64bit】 Windows10 HOME 日本語 FLASH Driveパッケージ/参考価格14,980円

windows10をクリーンインストールできるパッケージ版です。

何度か言いましたが、USBからのインストールです。

よくよく見るとパーツ単体で一番値段が高い!

もう少し安くなるといいんですけどね…

お得なDPS版というのもありますので、興味があれば調べてみてください。
◆構成一覧に戻る

まとめ

今回は安くそれなりになるように妄想してみました。

何度も言いますが、あくまでも妄想で組んだので動作保証はありません。

パーツ選びの参考程度に考えてください。

また、今回も組み立ての参考ページを貼っておくので、組み立てのときに参照してみてください。

  • BTO・PCパーツの老舗、ドスパラさん

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_pc_setup

  • 丁寧な解説のパソコン工房さん

https://www.pc-koubou.jp/pc/jisaku_pc.php

パソコンパーツ
最新情報をチェックしよう!