これまでに実践した大学受験・社会人の資格試験勉強法を公開〜過去問をやり込んで最短時間で合格~

どうも、ICHIです。

今日は私が大学受験、資格試験の合格へ導いた勉強法をお伝えしたいと思います。

実は私は特に机に向かって勉強するのが大の苦手です。

それでも勉強のしかた次第で合格も夢ではありません。

・通勤時間などの隙間時間を活用する!
・とにかく過去問をやり込んで傾向をつかむ!

まずは勉強時間を確保

資格試験はなかなか計画通り進まずに挫折してしまったり、不合格になってしまったりという経験があると思います。

一番のネックは勉強時間の確保だと思います。

ここで提案ですが、普段の生活の中で何となくしていることを意識的にやめてみませんか?

何となく見ているテレビ、ケータイゲーム、Youtube、AmazonPrime…

息抜きは必要だと思いますが、思い切ってこれらを断ち切ってしまいましょう。

それだけでも一日に1~2時間は確保できるのではないでしょうか。

有限な時間をただ何となく過ごすより、自己投資へ時間を使ってみませんか。

通勤時間は勉強のゴールデンタイム

電車の車内

私が特におススメしたいのは、通勤時間での勉強です。

日本人の平均通勤時間は、約1時間というデータを目にしたことがあります。

これを往復しているので、一日当たり正味2時間の時間を費やしていることになります。

通勤電車は他人がいるという軽いプレッシャーがあるので、意外と集中力が増します。

もし、外の音が気になるようならば、ノイズキャンセリングイヤホンをすれば雑音をシャットアウトできます。

私も実際に勉強するときは、ノイキャンを装着して集中力を高めています。

資格に限らず本で勉強したいときは、通勤時間を利用しています。

まずは基本をインプット

試験勉強の正攻法は色々とありますが、やはり最初は基本事項をインプットしましょう。

インプットには時間がかかるので、ここではやむなく机に向かいます。

線やマーカーを引きながらインプットしている人もいると思いますが、私はインプット用のテキストには一切線を引きません

個人的な意見ですが、線を引くだけで勉強したと錯覚してしまいます。

ですので、私は特に大事なところは何度も読み直して頭に入れています。

ただし、後ほど書きますが、アウトプット用のテキストには線や書き込みをします。

とにかく過去問をやり込む

基本事項のインプットが終わったら、次はアウトプットです。

ここまでの流れは、勉強法の基本で既にご存じの方も多いと思います。

私が特に重視したいのはアウトプットです。

とりわけ、過去問のやり込みが重要で、テキストの選定がカギになります。

過去問テキストの選び方

過去問集

過去問テキストを買うときに一番注意してほしいのが、左ページに問題右ページに解説が載っているものを選んでください。

この写真のような過去問テキストを選んで勉強すれば、合格へグッと近づきます。

それが合格への最短時間ルートだと思います。

過去問テキストでの勉強法は、次の通りです。

1.とにかく問題と答えを読み込む

このときに問題を解こうと考えなくて構いません。

ひたすら、問題と答え、他の選択肢のどこが間違っているかを読み込んでください

これって、インプットじゃないかとツッコミがきそうですが、アウトプットということでお願いします。

2.問題と答えの読み込みを繰り返す

この勉強法の肝はここです。

もうテキストがボロボロになるまで、何回も繰り返してください。

繰り返しているうちに、どこがポイントでどういう箇所が間違えなのかが自然と思い浮かんできます。

テキストは相当何か問題がない限りは一つに絞って、とにかく繰り返してください。

3.余裕があればポイントを書き込む

試験科目の量にもよりますが、私は余裕があればアウトプット用テキストの選択肢に〇や×を書き込んでしまうこともあります。

誤答の選択肢には、間違えの部分に線を引いてどこが間違っているかも簡単に書き込みます。

これをまたひたすら繰り返して読み込みます。

まとめ

今回は私が大学受験や資格試験で実践している方法を書いてきました。

ちょっと力技過ぎたかもしれません。

また、もしかしたら正攻法の部分が大きいかもしれませんが、過去問の読み込みは最強の勉強法だと思っています。

私はこの勉強法で大学受験といくつかの資格試験に一発合格してきました。

最近はAmazonやメルカリで本を買うことが多いですが、資格試験の時だけは必ず大型書店に行って過去問テキストを選んでいます。

テストは基本的に過去の傾向を踏襲しているので、過去問のやり込み度によって合否が分かれてしまいます。

もし勉強で行き詰っていたら、今回の方法を試してみてください。

皆さんの合格を心からお祈りします。

暗記タグ
最新情報をチェックしよう!