朝型人間になるには?|『頭が冴える!毎日が充実する!スゴい早起き』/塚本 亮

どうも、ICHIです。

みなさんは毎日、何時に起きていますか。

最近私は、朝5時起が習慣化しました。

早起きすることで一日が充実して、幸せな日々を過ごしています。

今回は早起きを実践している最中に読んでいた本のレビューも含めて紹介したいと思います。

「快の追求」をする

みなさんはこんな経験ないでしょうか。

◆一度起きたが、またすぐに眠ってしまう
◆三日坊主で早起きが続かない
◆そもそも早く起きれない

私が早起きを習慣化する際に読んでいたのはこちらの本です。

頭が冴える!毎日が充実する!スゴい早起き

まず早起きするためには、目標を定めなければなりません。

ただ「早く起きたい!」と思うだけでは不十分です。

目的を決めるときは、「不快からの逃避」ではなく、「快の追求」をもとに考えるのがポイントです。

このほうがモチベーションが飛躍的に高まるためです。

Kindle版本文より抜粋

人間の行動理由は二つあります。

不快からの逃避」=”やりたくないからやらない”、「快の追求」=”やりたいからやる”。

単純化してしまえば、この二つに尽きます。

ただ単に「早起き」だけを目的としてもなかなか上手くできませんし、続きません。

「早起き」のその先の「快」を用意しておく必要があるのです。

「早起き」の先に用意するもの

この本の筆者は、毎日、紅茶をゆっくりと飲むことを日課にしているそうです。

そうやって、「早起き」のその先を用意する必要があります。

私の場合は、三つ用意しています。

一人朝礼

私の場合は、まず「一人朝礼」をします。

これは、以前に紹介した『大丈夫!すべて思い通り。』に書いてあったことです。

大丈夫!すべて思い通り。/Honami|読書ノート

簡単に言うと、祖先に感謝して、定型文を読み上げること。

方角ごとに決まった対象に対して拝礼することです。

ちょっとスピリチャル系のにおいがしますが、これをすると朝が来たなって感じになります。

心がスッとして、晴れやかな気分になれます

まったりコーヒータイム

この本の筆者は紅茶でしたが、私はカフェイン中毒なのでコーヒーです。

インスタントですが、ゆっくりとコーヒーを淹れて味わいます。

最近親から教えてもらった、インスタントコーヒーの淹れ方のポイントがあります。

コーヒカツプにインスタントコーヒーと水を入れて電子レンジで1~2分チンする

インスタントコーヒーにお湯を注ぐより、角が取れた感じがして飲みやすくなります。

コーヒーを飲む方は、一度実践してみてください。

ゆっくりコーヒーを淹れて味わうだけで、心に余裕が生まれます

Twitterで朝活報告

Twitterをやっていると、朝活している人の多さに驚かされます。

「#朝活」でツイートすると、5時過ぎにも関わらず軽く5いいねくらい付きます。

コメントくれる人もいて、早起きのモチベーション維持にはとってもいいと思います。

同志たちが反応してくれることで、次の日も頑張ろうと思えてきます。

休日の早起き問題

早起きを習慣化するのに一番ネックになるのが、週末だと思います。

少し気を抜いてしまうと、せっかく平日に習慣化した早起きができなくなってしまいます。

本書でもこのことに触れています。

(前略)

しかし、週末の寝だめはは体内時計を狂わせるリスクが高く、月曜日の朝、起きるのがよけいつらくなっていきます。

本来、平日の生活リズムを整えながら、睡眠不足を解消するのがベストです。

Kindle版本文より抜粋

平日にできていたのに週末できないことって、よくあると思います。

私も最初は気を抜いて、土日は昼前まで寝てたりしました。

もちろん、次の月曜日が地獄でした…

この解決法として、二つ対策があります。

1時間だけ長く寝る

やはり、土日はゆっくりしたいですよね。

仕事もないわけですし、少しはまったりしたい。

そんなときは、「1時間だけいつもよりゆっくり寝てみる」ことを試してください。

いつもよりは長く寝れるけど、習慣を崩さない程度に収める。

これが1時間余分に寝ることだと思います。

少し長めの昼寝をする

私は普段から20分程度の昼寝を実践していますが、午後のパフォーマンスがめちゃくちゃ上がります。

土日の眠いときは、「少し長めの昼寝を取り入れる」のもいいと思います。

ある研究によると、30分以上昼寝をすると、人はリラックスして睡眠モードになるそうです。

土日は午後に高いパフォーマンスを求められことはないと思いますので、長い昼寝で調整するのもいいと思います。

実際に、私は土日は子どもと一緒に1時間くらい昼寝をしてしまうことがあります。

まとめ

今回は実体験と『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』を基に、早起きのコツを紹介しました。

やはり個人的に一番大きいのは、「快の追求」だと思います。

人間「ねばならない」では、物事は続かないと思います。

早起きは一日、いや、人生を充実させるための手段に過ぎません。

その手段の一つ先に「快」を用意して、習慣化してみてはいかがでしょうか。

書籍情報

【書籍名】頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き

【著者名】塚本 亮

【出版社】すばる舎

【出版日】2019/1/13

【ページ数】192ページ

◆早起きのその先へ

Kindleで探す

著者情報

塚本 亮(つかもと・りょう)

同志社大学卒業後、ケンブリッジ大学大学院修士課程修了(専攻は心理学)

高校時代、偏差値30台、退学寸前の問題児だったが、高校3年春から大学受験を開始

早朝の「早勉」でメキメキと成績を伸ばし 、同志社大学経済学部に現役合格する

その後、在学中に海外留学を決意し、早朝の時間を活用して勉強を開始する

努力が実り、同志社大学卒業と共にケンブリッジ大学大学院に合格し、入学を果たす

ケンブリッジ入学後は、想像を絶する課題量にもめげず、早起きしながら勉強に励み優秀な成績で卒業する

帰国後、京都にてグローバルリーダー育成を専門とした「ジーエルアカデミア」を設立

心理学に基づいた指導法が注目され、国内外から指導依頼が殺到

学生から社会人までのべ 200人 以上の日本人をケンブリッジ大学、ロンドン大学をはじめとする海外のトップ大学・大学院に合格させている

主な著書 に『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』『 IELTS 英単語・熟語5000完全攻略 〈MP3 CD-ROM 付き〉』(共に明日香出版社)、『努力が勝手に続いてしまう。』(ダイヤモンド社)などがある

”Kindle版本文より抜粋”


朝型のコツ
最新情報をチェックしよう!