ウェディングプランナーに聞く、結婚式を安くできる時期や方法ってあるの?

こんにちはlisaです。

「結婚式を挙げる」というと、とても高額なイメージがあると思いますが、結婚式が安くできたらいいな、そう思っている方もいらっしゃるかなと思い書いてみました。当たり前ですが、基本的結婚式場が金額設定しておりますので、安くできるできない、または安くできる日や時期は、会場によって違います。ですが、人気によって申し込みが集中すれば需要と供給の関係により、選ぶ日にちによって値段が違うということが、あったりするのもまた事実です。

では、それはなぜでしょうか。

選ぶ日によってコストを抑える

曜日

一般的に結婚式は、沢山の人を呼ぶ集まりです。つまり、沢山の方々の都合のよいお日にちの方が人気があるということになります。ですので、土日と平日、どちらに人気が集中するか、わかりますよね。私のイメージだと土曜日の午後、日曜日の午前に人気が集まる傾向があるような気がします。

土日と比較して平日の方がお安くなることがある

美容師さんや、不動産系、またはIT系や自営業者等、カレンダー通りのお休み出ない方や自由にお休みを設定できる方の多い場合には平日をチョイスすることで、コストが抑えられる可能性があります。

お日柄

結婚式のカレンダーには必ずと言っていい程、六輝というものが記載されています。大安や仏滅、友引、先勝、先負、赤口…有名なものから初めて聞くものまであるかもしれませんが、それらにはそれぞれ意味があり、結婚式に向いている日向いていない日等の意味合いもあります。1番人気は大安で、希望が集中しやすいです。想像してみてください、週末の大安が年に何回あるか…必然的にそちらを希望される方は早めに日程を決めに行った方が良いことになります。逆に人気がないのは仏滅です。ですので、週末でも空いているチャンスはあるかもしれません。ですが、仏滅はとても有名なため、年配の親族等から嫌煙されるケースもありますので、その辺りも調整が必要です。友引は友を引くという意味があり、縁起が良いことにむいているとされていますので、また人気があります。先勝は午前中は吉、先負は午後は吉、赤口はお昼は吉(正直、仏滅の次に人気はないですが)、という説もありますので六輝を気にしないで選ばれる方もいらっしゃいます。

大安や友引に比べ、仏滅がお安くなることがある

記念日重視で選ぶ、参加者やお二人のスケジュール重視で選ぶ、そもそも六輝は気にしない等の方には意外と穴場の週末が空いているかもしれません。

シーズン

こちらも需要と供給のお話になるのですが、皆様は結婚式というといつの季節をイメージされるでしょうか。

イメージは様々で当然です。お花の咲くガーデンで春のイメージ、海辺の見えるチャペルで夏のイメージ、落ち着いた大人っっぽい秋のイメージ、ショールをまとった冬のイメージ。どんな時期にどんなウェディングを行ってもよいのですが、やはり人気が集中する季節があります。

ノースリーブやハーフスリーブのドレスを着る花嫁やゲストが多いからでしょうか。気温が過ごしやすいからか、季節的には春と秋に人気が集まります。

春秋に比べ、夏冬の方がお安くなることがある

最近は式場でも色々なウェディングのデーマを編み出しており、ナイトウェディングやクリスマスウェディング、それからジューンプライド等そういった企画に乗って夏や冬に結婚式をしてみたいと思う方にはおすすめです。

直近

これは、本当に会場によりけりなのであくまで可能性なのですが…もし近いお日にちに空きがあるよというケースにおいて、お安くご提案してくださることがあります。基本的に結婚式は半年、早い方は1年以上前から会場を抑える方もいらっしゃいます。招待状も数か月前に届きますよね。結婚式には大勢の人を呼ぶので準備に幾何かの時間がかかるのです。ですので、2,3か月等で準備は整う方は限られます。(会場のコーディネーターさんの協力も必要です)でもだからこそ、該当する方にはお安く提供してくださるケースがあり得る訳なのです。

直近の日程で空きがある場合は、遠い日程の方よりお安くなることがある

例えば、妊婦さんでちょうど安定期にあたる、転勤を控えて急いで結婚式を挙げたい、少人数で行うのでゲストへの連絡やスケジュール調整がしやすい方等におすすめの日程です。

余談

ちなみにですが、人数によっての違いについてもちらっと記載しておきます。結論から言うと出費は多いがリターンも多いので人数は多い方が実質的にはお安くなるのではないかと思います。披露宴で何を選ぶかによるので一概には言えませんが…こんなご時世なのでなかなか難しいチョイスですので、余談としてサラッとだけ。

最後に

披露宴の費用は会場によって異なります。金額も会場側が決めます。ですので上記を理由に迫るなんてことはオシャレではありません。担当の方にご相談しながら、頭の片隅にこの内容を置いておきながら、会場の雰囲気に見合ったエレガントな立ち振る舞いが素敵です。会場の方に要望を言いにくい場合には紹介所を挟んで要望を伝えて会場を紹介してもらうのも一つです。お二人に見合ったお得なプランをご紹介してくださることもあるかもしれません。





 

実際に私が結婚式を挙げた際のポイントを綴ったものもございますので宜しければ…。

ウェディングプランナーが結婚式の式場探し、どうやって選ぶ?何を選んだ?

皆様にとって素敵な結婚式が迎えられますように☆

挙式写真
最新情報をチェックしよう!