ウェディングプランナーが考える、会場は決まった!衣装選びまで何して過ごそう?

こんにちはLisaです。

少し先の日程で会場を決められた方、もしくはこんなご時世ですから延期して時間がある方もいらっしゃるかもしれませんが、これからの時間できることはないのでしょうか。

きっと皆さま半年位前から衣装合わせがあるかと思いますが、それまで時間のある方へお薦めな小物選びについて、書こうと思います。(私はチャペルウェディングがメインの会場にいたので少し洋よりかもしれません)

今後必要となる小物たち

芳名帳/ゲストブック(家族のみの場合は不要)

受付をする際に記名いただくものです。高級なものから、和風洋風様々なお品が見受けられます。名前だけでなく、メッセジーかけるのものありますので、ご友人多めの場合はそういった楽しみ方も可能です。個人的にはページがバラバラっと分離できる名前のみのものですと、シンプルで両家分を最終的に一冊にまとめることができるのでお薦めです。

リングピロー

指輪の交換をする際に指輪を置く台座のことです。箱のような形状のものも文字通り枕のような形状のものもあります。時間的に余裕があれば、手作りする方もいらっしゃいます。(私も神前式に合わせて和風のものを手作りした一人です)

ウェルカムボード

こちらも最近は本当に様々なものを見かけます。王道なものとしては、額の中に写真やデコレーションをして、WelcomeやHappy Wedding等の文字がはいっているものですが、今は形もデザインも本当に色々ありますので、時間のある方は探しがいのあるものの一つです。こちらも手作りされる方もお見掛けします。


誓約書(特に人前式の方)

教会式の場合は会場でご用意もしくは会場オリジナルのものを購入するケースをよく見かけますが、人前式となるとお二人のオリジナルの内容となりますので、ご用意していただく、もしくは作っていらしゃるケースが増えるものです。急ぎで用意が必要なものではありませんが、担当の方とお話して準備が可能なようならドレス前に検索して楽しめるものの一つかと思います。

あったら素敵な小物たち

これらは、どうしてもなければ結婚式が成立しないものではないけれと、あればオリジナリティーが出せる。世界観を深められる。そんな小物たちです。

ウェルカムベア/ウェルカムぬいぐるみ

基本はペアのクマで新郎新婦の衣装を着ているものです。ですが、最近は犬やウサギ、キティちゃん等本当に様々なバリエーションを見かけます。沢山吟味してお気に入りを探せるのもこの余裕のある時期ではないでしょうか。キットもあり手作りなさる方もいらっしゃいます。


2人の写真やイラスト、その他装飾品

こちらも受付や会場内に用意しておくとゲストの会話に花を咲かせることのできるアイテムです。披露宴には待ち時間が生じますので、そういったものを手作りして置いておくのもよろしいと思います。また、デートがてらイラストを描いてもらいに行き飾ったり、ウェルカムボードとして利用する方もいらっしゃいます。

番傘(和装)

こちらは、お色直しで和装をお召しになられる方にお薦めです。再入場の際にどんな演出をしたいかによりますので、必須アイテムではありません。これは、私が好きなスタイルなので主観が強いですが、再入場時に何をしたいかを考えニマニマするのもまた楽しみだと思います。

招待状(その他ペーパーアイテム)

招待客をリストアップしなくては実際の印刷はできませんが、どんなペーパーアイテムを使いたいなとイメージすることは今からでも可能です。中には招待状を手作りなさる方もいらっしゃいますので、作成する場合にはおおよその数で印字以外の本体を用意する必要があります。

ご両親様に差し上げるもの

以前はご新婦様がお手紙を読み、お花を差し上げることが多かったのですが、今日こちらも多様化しております。お花の代わりに…もしくはお花はお母様に記念品をお父様にお渡しする方も見受けられます。賞状を作成して差し上げたり、生まれた時の重さのお米やクマを差し上げる等商品も様々です。どんなものがお慶びになるか想像しながらお品選びをできるのもこの時期かと思います。





商品としての多くは会場から購入することも可能です。しかし当日までのお時間は楽しく幸せを噛みしめることができる時間でもあります。招待状を出してからはバタバタ忙しくなりますので、今は人数が出なくても選べるものをゆっくり品定めしてみてはいかがでしょうか。

番外編

ブライダルエステに通う

こちらは小物とは無縁のお話なのですが、衣装選びまでにできること…という点においては含まれるかと思いますので、番外編として。ドレスのデザインにもよりますが、スポットライトの当たる機会ですし、自分磨きに興味のある方にお薦めの過ごし方かと思います。

結婚指輪を用意する

最近は人前式で指輪でないものを交換する方も中にはいるかもしれませんが、基本的には必ず当日必要になってくるものと言っても過言ではありません。早い段階から吟味して比較購入、または作成してもよろしいかと思います。基本的に結婚後も身に着けることになると考えられますので、そういったことも考慮してお探しいただくとよいでしょう。





以上、衣装合わせまでにできることでした。充実した楽しい時間をお過ごしくださいませ。
結婚式受付
最新情報をチェックしよう!