ウェディングプランナーが考える、結婚式の上がる見積もりを抑えるコツ。その2

こんにちはlisaです。

今回は披露宴を構成するにあたりどういったチョイスができるのかというお話をしたいと思います。全てをチョイスしても結婚式は挙げられますが、見積もりを抑えるためには、メリハリが大切になります。その選択肢をいくつかご紹介いたします。

具体的な調整について②

衣装は新郎新婦1着づつにする

単純な話ではありますが、もともと1点づつしか衣装が入ってない見積もりにもかかわらず2着づつ着たら見積もりは上がります。会場により元々衣装が2点づつ入っている事ももちろんあります。その場合は衣装の金額だけ気にすればいい為、見積もりが急激に上がることはあまりありませんが、それでもものによって数十万するものもありますので、頭の片隅に留めておいていただければと思います。衣装はとっておきこだわりの1点にしてみるのはいかがでしょうか。

ヘアチェンジ、小物等でイメージチェンジの再入場

前述の内容と繋げて考えていただいても良いと思うのですが、お気に入りのドレスを堪能したい。または、1着のドレスでも披露宴で再入場がしたい。そういった方にお薦めです。

衣装を変えるために退場し、改めて入場することをお色直しと言いますが、その代わりのご提案です。一度退場し、ヘアスタイルやヘッドドレスを変えたり、ブーケを色ものにしたり、2wayのドレスでしたらドレスの一部を外したり…。そういったことを組み合わせることで、2着着ている様な変身感を楽しむことが可能です。ブーケを変える場合は、ご新郎様のブートニアもセットで変えて下さいね。

持ち込めるものの確認

衣装、ブーケ、それ以外にも持ち込むことでお安く済む場合があります。ですが、持込み料がかかる事が多い為、必ずしも安くなるかは計算が必要です。また手づくりや持込みどちらにも言える事ですが、コストを抑えられたとしてもその分手間をかけなくてはいけないくなります。それがディメリットになるお忙しい方にとってはすんなり会場で頼んだ方が良いケースもありますので、お薦め出来るかはそれぞれのご新郎ご新婦様状況によりますので、吟味が必要です。

コストのかかりにくい演出を考える

今の時代はきっと縁起が悪いことでなければ何をやってもおおむねオリジナリティと言われるようになってきたと感じております。ですので、必ずケーキ入刀とキャンドルサービスをやらなくてはならない!みたいなものもなくなってきているのではないかと感じています。どうせならば、思い切り思考を凝らした低コストなものを考えてみてはいかがでしょうか。特に再入場は基本的に皆様のテーブルを回るまたはみなさまと接点を持つということに意味があります。それが叶えば大半のものが演出になり得るとも言えるのではないでしょうか。オリジナリティという点では足りないかもしれませんが、経験上コスト低めの演出をいくつかご紹介いたします。

○○を配っての再入場

送賓時の配りものでご紹介したようなお品を各テーブルを回って直接お渡ししながら再入場する。かかるコストは「ウェディングプランナーが考える、結婚式のあがる見積もりを抑えるコツ。その1」に上げてある送賓時の小物で計算いただければおおよそでるかと思います。再入場と送賓の内容は連想させるような近いものは避けた方がよいと思います。

ex)再入場…上記バラのソープ、送賓時…新居のご案内カード等

ウェディングプランナーが考える、結婚式の上がる見積もりを抑えるコツ。その1

写真を撮る

スナップ写真を入れらえている方は、各テーブルで写真を撮ることを演出にしても良いと思います。特にしっかりドレスから和服に着替えた場合などには有効かと思います。もちろんヘアチェンジでの場合でも可能ですが、削るばかりですと節約感が前に出てしまう事もあります。その辺りのバランスはコーディネーターさんと相談してみて決めても良いでしょう。

キャンドルリレー

こちらは一人一人にキャンドルを配りその火をみんなで紡ぐことで幸せを分け合うという演出です。もちろん、メインに大きなキャンドルを用意したら豪華なものになりますが、メインがなければ例えば願い事をしてみんなで炎を吹き消しても素敵です。ちゃんと導いてくださるプロの司会者さんがいてくださればより安心です。

ケーキを利用する

もしケーキ入刀をする事が決まっている場合には、カットしたケーキをデザートタイムにお配りする事も可能かもしれません。ケーキにドラジェを入れてあたりの人を作ったりしてプレゼントやブーケをプレゼントしても良いかもしれません。ただし、最近の事情を考えますと今の時期のお薦めとは言えませんが。。。

デザートビュッフェ

こちらも最近は難しいかもしれませんが、人気があった演出の一つです。和気あいあいとみんなで食事ができる日はいつになるのでしょうかね。

サプライズを考える

例えば、お世話になった方に、プレゼントを渡す。親友の誕生日もお祝いする等自分たち以外にスポットライトを当てることで演出にする。

ブーケプルズをする

ドレスに合わせて、もしくはイメージチェンジでブーケを2つ作る方にお薦めです。ブーケをトスするためには、トス用ブーケが必要になります。当たってケガをしては大変ですから。ですが、プルズとはブーケからリボンを人数分用意し引っ張り、一人だけ当たりとしてブーケに繋がっているというくじ引きみたいなルールです。あらかじめ渡したい人を厳選することもできますし、2つ目のブーケを使用している時に行うことで1つ目のブーケを演出ツールとしてつかえるので、効率的です。

 

演出に関しては考えればいくつでも出てくるところではありますので、新しいものを編み出してみるのも楽しいかと思います。ただこのようなご時世なので、内容によって「今」はすることのできない演出もあるかと思いますので、ご参考として。

当日の記録は1種類に

VTR

こちらの魅力は、声や動きがそのまま残ることです。

〈メリットディメリット〉

・私は生演奏のBGMにしたので、VTRを残さなかったことをとても後悔した一人です。

・苦手なのにお手紙を読まなくてはならない、挨拶をしなければならない方には、残したくないという方もいるかもしれません。

写真

こちらの魅力は、美しく披露宴を切り取ったように残せることです。

<メリット・ディメリット>

・転んだりアクシデントがあってもステキなシーンのみ綴られます。

・友人たちの生のリアクションや演出等は見返すことはできません。

どちらも、素敵な残し方ですがどちらが自分らしいか、たまは思い出に関してはこだわりどころにするか単価の面から検討する必要があるかと思います。

最後に

何を選ぶかに正解はありません。見積を下げるために結婚式をする訳ではないので時間が許す限り、沢山選んでも間違えではありません。もし見積を抑えたい方は、バランスを重視して選ぶことを忘れないでください。こだわりのポイントをあらかじめ決めたうえで調整することをお薦め致します。なぜならどなたもこだわって作り上げた披露宴である印象を残すこともまた大切なことだと思うからです。

テーブルデコレーション
最新情報をチェックしよう!