だれでも書ける最高の読書感想文/齋藤 孝|読書レビュー

どうも、ICHIです。

今日は齋藤孝さんの『だれでも書ける最高の読書感想文』を紹介します。

読書ノートとしてブログに本の紹介をしている以上、基本が大事だと思いこの本を手に取りました。

ここで書かれていたことを基本に、本文を書いていきたいと思います。

この記事を読むと、次のことが分かります。

・読書感想文の書き方のポイントがわかる
・文章を作成するときのポイントがわかる
・ビシッと締まった文章の書き方がわかる
それでは、早速いってみましょう。

こんなひとにオススメ

この本は、読書感想文の書き方について書かれていますが、次のような人にオススメです。

・文章を書くのが苦手だ
・何から書き始めればいいのかわからない
・構成を考えるのが苦手だ
私も文章を書くのがめちゃくちゃ苦手ですが、特にこれらのことって苦手な人が多いと思います。
本書を読むことによって、これらの苦手が少しは解消できると思います。
反対に、こんな人はこの本を読む必要はないでしょう。
・語りかけ口調の本が苦手
・要点をまとめるのが難なくできる
・文章の構成を考えるのが好き
これらに当てはまるひとには、この本は必要ないでしょう。
本書は読書感想文を中心に、構成のし方や文章のまとめ方が載っています。
特に、斎藤さんが語りかけるように話が進んでいきますので、そういった口調が苦手な方には向いていません。
基本的な文書作成や構成ができる人も、もっと上級者向けの本がいいと思います。

注目ポイント

ベスト3を決める

(前略)

大事なのは、そこにさらに「自分をかかわらせていく」こと。

たとえばそのひとつが、ベスト3を選出する方法だ。

自分が拾い出した「グッときたところ」から、とくにいいと思ったところを三つにしぼりこむ。 つまり、ベスト3を決める。

そしてその言葉なり文章がなぜグッときたのかを書いていく。

そのときに、その三つのうちのどこかに自分自身の体験をまじえていく。

グッときたところは本の中から抜き出したものだから、「引用」です。そればかりを並べたら「引用しているだけじゃないか」と言われかねない。

けれど、そこがとくにいいと三つにしぼりこんだのはきみだ。なぜそこがグッとくるのかも、きみ自身の考えだ。

さらにいえば、自分自身の経験と重ね合わせたエピソードにはきみの個性が出る。自分の 感情を軸にした、まぎれもなくきみにしか書けない感想文になります。

kidle版本文より

これは文書作成や提案の基本としてあげられることが、多いと思います。

だらだら書かれるより、最初に「ポイントは3つです」と書かれた方が読みやすいです。

話すときも同じで、3つと分かっていれば頭に入りやすくなります。

読書感想文では本の中でどこが大事か、いろいろとポイントがあると思います。

正直、どこが大事かなんて人によって違うと思います。

むしろ、違っていて当たり前。

その違いが個性なんだと思います。

自分が大事だと思えばそこがポイントだって、「自信」を持てばいい。

自分の感性を大事にして、文章化することもポイントになると思います。

箇条書きメモをつくる

本を読み終わったら、箇条書きのメモをつくります。

「グッときたところ」をはじめとして、読んでいるときに自分のアンテナにひっかかって、線を引いたり印をつけたりしたところがあるよね。それを書き出す。 それから、 読み終えて自分の中に起きた変化、読後の印象などもある。書きたいと思うことを、箇条書きでどんどんあげていきます。

順番は気にしなくて、思いついた順に書いていけばいい。

全部あげきったら、自分がこの感想文でいちばん人に伝えたいことは何かと考えて、①②③と優先順位をつける。「かならず入れたいことはこの三つ」という感想文の柱を決めるん だ。

ここがとても大事。

”kindle版本文より”

何を書いたらいいか分からないひとは、まずはこれをまずすべきだと思います。

今回の記事はメモを作成してから、書いています。

本文中で言っている通り、このメモを作ると文章作成の「きっかけ」ができます。

書いたメモの中から文章を組み立てていくと、何もないところより書きやすくなります。

箇条書きをするときには、次の順序で行うとよいです。

①まず、自分が書きたいことをどんどんあげる。
②その中でもいちばん伝えたいことは何かを考える。
③大事だと思うことに優先順位をつける。

私も含め文書が苦手なひとは、書き出しに一番苦労すると思います。
メモの中で、大事だと思うことに「優先順位」を付けるだけで、書き出しもだいぶ楽になります。
自分が大事だと思っていることなので、書きやすくなります。
今回の記事も実際に、私が大事だと思う順番で書いています。

キーワードを活用する

キーワードはできれば人をハッとさせる強さがほしい。「庶民」よりは「庶民性」の方がキレがよくてキーワードらしいわけです。

「孤独」「自由」「コンプレックス」「アイデンティティ」「絆」「共生」「不条理」などなど、抽象的な言葉はキーワードにしやすい。「アイデンティティ」とか「共生」なんてふだんは使わない言葉かもしれないけど、なんとなく知っている言葉をキーワードとして使って、この際自分のものにしてしまう手もあります。

”kindle版本文より”

文章の中で、「」や””、太字などがあるとどうしても気になってしまいます。

これを意識的に入れるだけで締まった、ポイントを押さえた文章になります。

今回の記事の中でも、意識的に「」を使ってみました。

効果的に利用できたか分かりませんが、文章に変化をつけられたと思います。

これが独特なものや創造的なワードであればあるほど、効果抜群です。

本の中の言葉をヒントに、効果的なキーワードが編み出せればもうこちらのものです。

書籍情報

【書籍名】だれでも書ける最高の読書感想文

【著者名】齋藤 孝

【出版社】KADOKAWA

【出版日】2014/09/25

【ページ数】148ページ

◆書き出しでつまずくあなたへ

著者紹介

齋藤 孝(さいとう・たかし)

1960年、静岡県生まれ

東京大学法学部卒

同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授

専門は教育学、身体論、コミュニケーション論

『三色ボールペンで読む日本語』『呼吸入門』『「頭がいい」とは、文脈力である。』『上機嫌の作法』など著書多数

Amazonより引用

口コミ評価

まとめ

今回は、齋藤孝さんの本を紹介しました。

齋藤さんの本は初めて読みましたが、口調が優しくて読みやすかったです。

また、ブログで文章を書く以上は最低限、基本を押さえておこうと思いこの本を手に取りました。

今回からそのポイントをフル活用しましたが、これからの基礎として大事にしたいと思います。

文章作成が苦手だと思っている方は、ぜひ手に取ってみてください。


最高の読書感想文
最新情報をチェックしよう!